イメージ

見出し

化学肥料による問題が深刻化しています。
現代の農業は化学肥糧と農薬の進歩で、米や野菜の生産性はこの50年間で約 3倍の反収増となる程に進歩しました。 然し、化学肥糧の多投入で土地は荒れ、地下水や河川は汚れ、環境問題となって います。
一方、弱い野菜が多くなり、弱い作物には虫が付きやすく、病気に掛かりやすい。 これを農薬が助けているのが現況だと思います。 又、日本食品標準成分表によりますと、ほうれん草など主な野菜で、この50年 間でビタミン、ミネラルなどの栄養価が半減~2/3減というデータもあります。

今の農法の下で、もう少し元気で美味しい作物が作れないだろうか、減化成肥糧、 減農薬で環境に役立たないかと考えたのがモフミンです。

弊社のモフミンは植物活力剤で植物の必要な栄養素を吸収しやすくし、作物を強く育てます。
この結果、健康で元気な野菜、美味しく栄養に富んだ野菜を作ることができます。

そして、土壌微生物を増やし、団粒構造形成に役立ち、保肥力を上げ、作物の生育を促進します。
一度の混入使用で、一作目の効果はもちろんのこと、二作目、三作目の野菜にも、効果を発揮するのがモフミンの最大の特徴です。

具体的には土を激しく使用されている農家の方々
例えば、
①作物体の長期維持が求められるイチゴや、果菜類(トマト・ピーマン)の2連作畑
②レタス、レタス、白菜等3作畑
③春から秋にかけホウレン草の4連作畑
こうした用途で大変喜んで頂いています。
又、ゴルフ場のグリーンも毎日4mmに刈り込まれる為、 病気になりやすい。
モフミン液体、モフミン顆粒が大変に好評を 頂いています。

アートレイはこのように環境にやさしい天然腐植酸土壌改良資材の「モフミン®」を取り扱っています。

モフミンは固形(大粒・顆粒・粉末)と液体とがあります。

現在お試し販売中。ここをクリックしてください。